So-net無料ブログ作成
たちばなの丘公園 ブログトップ
前の10件 | -

徒歩で30分もかからないところにこんな緑があります。 [たちばなの丘公園]

奥様から「爺むさい歩き方をするから一緒に歩きません」と云われた。まあ、一緒に

歩かなくていいんだが、どういう歩き方だと爺むさいんだ、と抵抗。

「背中を丸めて、うつむきで狭い歩幅で歩く」のが爺むさい歩き方だと。

云われてみればそうかも知れない、どうすればいいか調べてみた。

背を伸ばし広い歩幅で歩けばいいらしい、これならわたしでもできそうだ。

背を伸ばすには視線を進行方向の20m先に置けばいい、大股で歩くには意識して

大幅にしなければならないようだ。その時、踏み出した足は踵で着地。

これくらいならわたしでもできそうだ。


若い人たちが歩いているのを見ると、たしかに着地は踵になっています。


背を伸ばすには下腹部に力を入れて減っこます。


爺むさい歩きかたにならないように努力しています。



きょう、散歩の途中で今年始めてウグイスの鳴きを聞きました。今年は遅いようだと

思っていたのですが、わが家の周辺にもまもなく来るでしょう。

彼女が見つからず、今年も7月まで鳴き声を楽しめるかな。



きょうは「たちばなの丘公園」と隣合わせの「仏向町・小川アメニティ」です。
まず、小川アメニティから。

DSC_6747_00001.jpg
小川アメニティの谷戸の畑。遠くに見える東屋のもっと先までとこの後ろも
畑です。今、改修工事がなされているようでした。

DSC_6742_00001.jpg
この谷戸の畑の一部に梅があります。以前は食用の梅を栽培していたようです。



DSC_6746_00001.jpg
この谷戸を取り囲む山・雑木林の谷戸に接している山裾は野の花が春から秋まで見られ、
境の小さな流れには6月ホタルが舞います。

DSC06351.jpg
ユキヤナギが咲き始めていました。

ここから「たちばなの丘公園」です。

当公園は横浜市の保土ケ谷区と旭区にまたがり12.4haあります。(現在開かれているのは
3.5ha だけです)。大正8年火薬製造工場として開かれ、平成7年に閉鎖されました。
横浜市は周辺一帯の雑木林や谷戸の保全などを目的に平成23年10月公園化しました。
火薬工場としての歴史を伝える当時の設備がモニュメントとして保存されています。
DSC06361.jpg
桜。工場当時からの老大木です。


周りの山・雑木林には遊歩道が縦横に走っています。
DSC_6756_00001.jpg
DSC06362.jpg
DSC_6758_00001.jpg


DSC_6760_00001.jpg
ここにも山と谷戸の境に小さな流れがあります。この時期のように雨が少なくても
山・雑木林にしみ込んだ雨が滲み出して小さな流れを作ります。
この流れで、カワニナが育ちそれを餌にするホタルが育ち、5月下旬からホタルが
舞います。


DSC06360.jpg
ここは山の中の道に見えますが、上の桜の木のある地面から一段と(5m?)低くなっている
いわゆる調整池です。周りに大量の雨が降ったとき一時的にここに集められるのです。
夏には湿性植物なども見られるらしいのですが、夏の間はわたしはここにはいりません。
理由は、看板に青ちゃんがいると書いてあるからです。

DSC06365.jpg
帰宅途中、メタセコイアが見られます。3枚おろしの魚の中骨のような樹形が好きです。


きょうも暖かでした。散歩にはマスクを付けましたが、これが羽織るもの一枚に
当たるんじゃないかと思いました。
周りを見るとマスクを付けている人が少ないです。


本日はこれにて。

nice!(43)  コメント(17) 

谷戸の流れに沿って、が続きます。  (10月19日) [たちばなの丘公園]

今朝は布団の中で寒いと感じました、今季初めてです。
寒く感じるはずです、ベランダの寒暖計は11℃でした、今季最低。
これからは毎日最低気温の記録更新を続けることでしょう。


きょうは「たまごかけごはん」の日だそうです。こういうものはいつできたんでしょう。

でも簡単ではありません、大きな意味を含んでいます。
すなわち、日本の食文化や家族愛などを考えるきっかけとする日です。

敗戦直後から子供の頃、わが家では鶏を飼っていました。
12月になると孵卵場から生まれたてのひよこを30羽くらい買ってきて、ひよこが凍えない
ように暖房装置の付いた大きな箱で育てました。
そのひよこが大人になると卵を生み、たまごかけごはんが食べられました。

わが家の食べ方はご飯茶碗に卵を割り入れ醤油をたらし、かき混ぜないでご飯を
よそい、ご飯と一緒に卵をかき混ぜて食べました。
いつも食べていましたから、美味しかったのかまずかったのか記憶にありません。


10月19日のたちばなの丘公園・谷戸の続きです。


DSC_5137.jpg
背高泡立草(セイタカアワダチソウ)  キク科
秋の花粉症の元凶として嫌われてきましたが、花粉症を発症するのは豚草(ブタクサ)です。
ブタクサは花粉が軽く風媒花ですが、セイタカアワダチソウは花粉が重く飛びません(虫媒花)
いい香りがします、今度見かけたら香りを楽しんでください。



DSC_5130 2.jpg

犬蓼(イヌタデ)



DSC_5136.jpg
母子草(ハハコグサ)  キク科。
茎や葉は綿毛で覆われしろくみえます。初夏に咲く花だと思っていたのですが、
越年草なんですね。この花も来春まで生きるんでしょう。
周りを見渡してもこの一株しか見つけられませんでした。



DSC_5144.jpg
紅花襤褸菊(ベニバナボロギク) キク科  でいいのかな。



DSC_5146.jpg
島十練子(シマトネリコ) モクセイ科
初夏には花が咲き、秋には実がなります。庭木や並木に用いられる。


DSC_5131.jpg
八つ手(ヤツデ) ウコギ科  蕾


DSC_5141.jpg
小さい花が咲いていますが、名前が分かりません。ご存じの方、教えて下さい。


DSC_5133 エゴノキ 2.jpg
野茉莉(エゴノキ) エゴノキ科
まばらに咲いていましたが、エゴノキは初夏に咲く花だと思うんです。別の花でしょうか。


DSC_5150.jpg
山茶花(サザンカ) ツバキ科  ↑ 一重  ↓ 八重
大きな木がありました、一本の木だと思ったのですが、一重と八重が咲いていました。

DSC_5152.jpg



10月も終りです。やっと青空が見られるようになりました。
悪天候や野暮用で散歩に出た日数がきょうも入れて6日でした。
きょうは今季初めて冠雪した富士山を見てきました。


本日はこれにて。

nice!(47)  コメント(16) 

谷戸の流れに沿って。  (10月19日) [たちばなの丘公園]

英ちゃんさんから亜熱帯低気圧という気象用語を教えて貰いました。
10月25日からの千葉県及び東北方面の太平洋側に降った大雨は、
台風21号が低気圧を刺激したためだとばかり思っていました。
この低気圧は普通の低気圧ではなく亜熱帯低気圧だったのです。

日本の天候はどんどん亜熱帯から熱帯の天候に変わっていくんでしょうね。
今年の暑さも大雨も来年はもっとひどくなると覚悟しなければならないでしょう。

IOCはそれを察知し札幌での開催に替えたんですね。
2020年のオリンピック開催都市を東京に決めたのは2013年ですから
6年前になります。そして7月8月に開催すると決めました。
ということはその時はIOCは、日本の天候がアスリートにとって危険なほど
暑くはないと判断していたのでしょう。
しかし、ここに来て急に開催地を変更するということは、
日本を取り巻く天候が大きく変わっているとIOCは判断したのでしょう。
はじめに7月8月の開催に同意した日本の担当者は誰なんでしょう。
日本に暮らすわたしはその時、なぜ高温多湿の時期ではない
秋に開催しないんだろうと思ったものです。

2013年の天候と2020年の天候が比べ物にならないほど違ってしまうと
云われているようなものですから、関東に暮らすわたしたちは生きていくために
考えなければなりません、オリンピックどころではありません。

10月19日のたちばなの丘公園です。この流れに沿って歩きます。
DSC_5111.jpg
谷戸の山側の流れです。この流れの中でカワニナは育ち、それをご飯にする
ホタルが生息しています。
一週間前、台風19号が通過しましたが、降った雨は一旦山に沁み込みそして
染み出してきて流れを作ります。カワニナが生きられる澄んだきれいな水です。

 


DSC_5113.jpg
野竹(ノダケ) セリ科
いつもは草丈が1.5mくらいになるんですが、今年は背が低く花も小さかった。
株数も少なかった。



DSC_5116.jpg
継子の尻拭い(ママコノシリヌグイ)



DSC_5120.jpg
山薄荷(ヤマハッカ) シソ科  残り物



DSC_5124.jpg
秋の田村草(アキノタムラソウ) シソ科



DSC_5122.jpg
蟷螂(カマキリ) ズングリして短躯、首も短い。なんでしょう?

この谷戸の水辺では毎年オニヤンマやアゲハチョウが見られたのですが、
今年は一匹も見られなかった。見られたのはヒカゲチョウ類だけ。
なぜでしょうね。
 

DSC_5123.jpg
蝗(イナゴ)
バッタと云うよりイナゴと云ったほうが身近に感じます。
小学生の頃、学校で「イナゴ捕り」をした。水田の稲の刈り入れ時が多かった。
10時すぎるとイナゴも元気になり動きが早くなるので早朝が多かった。
捕ったイナゴは大釜で煮て筵に広げて干して、鶏を飼っている農家に鶏のエサとして
売り、そのお金で本やドッジボールを買った。
食べるところもあるが我々は食べなかった。

本日はこれにて。

nice!(48)  コメント(20) 

釣船草(ツリフネソウ)  (9月24日) [たちばなの丘公園]

朝、目を覚ましたら強い雨が降っていました。台風18号の崩れの熱低の影響ですね。
それも8時前には上がり、ちょこっと雷もゴロゴロ鳴りましたが、9時前には青空が
見えました。暑くなりました。


9月24日のたちばなの丘公園です。

DSC_4779.jpg
ここは谷戸です。画像の下の方に草に覆われた小さな流れがあります。
その流れの中に5月下旬には舞うホタルが生息ししています。
釣船草が群生しています。が、雑草に負けるのか年々少なくなっています。
DSC_4755.jpg
DSC_4793.jpg



DSC_4750.jpg
このような小さな花が好きです。マクロで三脚を立てないから何という花か分かりません。
調べようがありませんね。



DSC_4751.jpg
イタドリ   漢字で書くと虎杖です。



DSC_4763.jpg
水引  撮っていたら動くものがあります、小さな虫でした。
arashiさんの影響で撮りましたが、マクロでないから満足の行くものにはなりませんでした。



DSC_4774.jpg
ヤマホトトギス



DSC_4776.jpg
野竹(ノダケ)蕾   セリ科の多年草  咲いたところが見られるか。



DSC_4773.jpg DSC_4785.jpg
この公園はあるがまま、何も足さない何も引かないがモットー。
多くの種類の花が見られませんが、夏から秋にかけては
薊(アザミ)がたくさん見られます。
DSC_4771.jpg


前出の花もありましたが、お付き合い頂きありがとうございました。


そうそう、きのうはタロウくんの検診日でした。
体重は140g 減っていましたが(5.1kg)、血液検査関係は悪くなっていませんでした。
とりあえず一安心です。
最近は昼夜ともにほとんどの時間をわたしのベッドの上で寝ています。
わたしの枕の傍を占拠していますので、ベッドが半分使えず
わたしはベッドから落ちるんじゃないかと心配しながら寝ています。
その結果、睡眠不足でTVを見ながら眠ていることが多々あります。
老老介護は楽ではありません。


本日はこれにて。

<追記>

SSブログにへの移行は完了していました。
最終確認メールを押下した後エラーメッセージが出ましたので、完了していない、
再度手続きしなければと 思ったのですが、それがうまく行きませんでした。
どうすればいいか、So-netに問い合わせていたところ移行が完了していると。
狐につままれたような気分です。

nice!(44)  コメント(19) 

白い花びらの花には悩みます。(9月14日) [たちばなの丘公園]

きょうは月イチの山の手入れ作業日でした。
きょうの主な作業は台風15号の後片付けでした。我家の庭はほとんど被害がありません
でしたから、目の前の山も被害がないだろうと思っていました。
去年、台風では杉や檜が10本近く折れたり倒れたりしたのですが、
今年はそういうことはありませんでした。
折れたりする木は病気などで幹の芯が傷んでいるんですが、
そういった木は去年倒れたので、残っていた木は丈夫だったのでしょう。
それでも枝が所狭しと落ちていて、それを片付けるのに時間がかかりました。


9月14日はたちばなの丘公園にもうそろそろ咲いているだろうと釣舟草を見に行きました。

DSC_4649.jpg
野薊(ノアザミ) 花の色が飛んでいます。


DSC_4651.jpg
釣舟草(ツリフネソウ)
この花が目的でしたが、咲き始めたばかりでした。数も少々。
しかも台風15号に翻弄されたようでした。再訪するつもりです。


DSC_4652.jpg
ヤッペママさん ⇒ アレチヌスビトハギ


DSC_4655.jpg
キク科の白い花は名前を覚えるのに苦労します。ノコンギク?
分かりません、野菊ということにしておきますか。
ヤッペママさん ⇒ シラヤマギク

DSC_4663.jpg
アキノノゲシ  でいいのかな?


DSC_4661.jpg
ヤマホトトギス


DSC05282.jpg
虎杖(イタドリ)

虫の声が少なくなったと思ったのですが、きのうの夕方は多く聞かれました。
せみはほとんど聞かれなくなりました。
秋はどんどん進んでいるようです。


本日はこれにて。

nice!(54)  コメント(21) 

高三郎(タカサブロウ)という花はどんな花? (8月31日) [たちばなの丘公園]

台風15号はまともに来ました。久し振りに強い台風でした。
今までの台風と比べると最大級だったそうです。
東京湾を北上しましたから、ほとんど横浜に上陸と云ってもいいのではないかと思いました。
被害状況等はTVや新聞で皆さんご存知だと思いますので、省略。
わが家は被害はありませんでした。

きのう午前9時前に車でスーパーに向かったのですが、近くの鉄道のアンダーパスが
浸水したと見えて渋滞していました。これは駄目だと行き先を変えたのですが、
アチラコチラの交差点を先頭に渋滞していました。
運転しながら見ると路上には木の小枝や木の葉が満載。その上、木が倒れて
道を塞ぎ通行止めのところもありました。引っ返したり回り道をしたりで、
いつも買い物に要する時間は40分ぐらいなんですが、きょうは1時間40分
かかりました。
バス停には長い行列がありましたが運行しているバスは見ませんでした。JRも
相鉄線も止まっていましたから、頼りはバスだけなんですね。
こういうときは企業は半日休みにするとかすればいいと思うんですが。


自然災害は恐ろしいです。


台風一過で午後からは晴れましたが、雲が多く蒸し暑かった。

DSC_4496 タカサブロウ.jpg
この花は見たことがあるようなないような。ネットで調べたら
高三郎(タカサブロウ)という花かなと思ったのでした。ご存じの方は教えて下さい。



DSC_4506 ツリガネニンジン.jpg
釣鐘人参(ツリガネニンジン)



DSC_4509 マルバルコウソウ.jpg
丸葉縷紅草(マルバルコウソウ)



DSC_4522 ノシラン.jpg
熨斗蘭(ノシラン)



DSC05049.jpg
ユリ  品種はわたしには分かりません。



DSC05060 ヨウシュヤマゴボウ.jpg
洋種山牛蒡(ヨウシュヤマゴボウ)


きのうの朝、ベランダに時々来るキジバトがいつもと違うヨレヨレの姿で
現れました。夜はどこで住んでいるのか分かりませんが、台風で
もみくちゃにされたのでしょう。ベランダに餌を置いたらわたしがそばにいるのに
寄ってきて一生懸命食べていました。


きょうのオマケ:休園案内
きょうも特に午前中は快晴で暑かった!
台風の被害が出ていないか気になり、児童遊園地と横浜市こども植物園に
行ってみました。
先に児童遊園地に行ったのですが、きのう片付けたのでしょう、遊歩道には
木の小枝や葉っぱが纏められ、通行止めがあちこちに。管理スタッフは
忙しそうでした。大木が折れて倒れたものも見られました。
DSC05214.JPG
そして、こども植物園の正門に到着したら、正門が閉められていました。
相当の被害になったのでしょう。一週間で開園できればいいのですが、
被害の程度が心配です。



本日はこれにて。

nice!(50)  コメント(18) 

今頃ヤマブキが咲いているでしょうか? (8月31日) [たちばなの丘公園]

台風15号は今夜半当地を通過する予報が出ています。
それであればきょう日中から雨が降るんじゃないかと思っていたのですが、
晴れていました。ただ、空を見ると真っ白な雲に纏わりつくようにねずみ色の雲が
見られました。これが曲者になるのかも。
早寝のわたしが目を覚まさない程度で通過してくれることを願うだけです。

夜になっていつの間にか雨が降り出しましたが、風は吹いていません。
各地に警報が出ていますが、横浜市には大雨、暴風、波浪、洪水、高潮、雷が出ています。
わが家の周辺はどうなるでしょう(20:50 追記)


きょうは8月31日のたちばなの丘公園です。
花が少ないことは想像できましたので、蝶やトンボを見に行ったのですが
残念ながら見られませんでした。


DSC_4492.jpg
花を見ても葉っぱを見てもヤマブキに見えたのですが、
ヤマブキは春の花ですよ、今頃咲いているのはおかしいと思います。
DSC_4495 ヤマブキ.jpg



DSC_4498.jpg
蕾を見てボロギクだと決めつけて撮って来ましたが、ボロギクは
このような花を咲かせませんよね。はてなんでしょう。
勝手に決めつけないで、葉っぱや茎も撮ってくればわかったのに。



DSC_4501.jpg
キバナコスモス



DSC_4534.jpg
ミゾソバ  やっと花が開いているところを撮ったつもりですが
わかりますか。



DSC_4541.jpg
菊芋(キクイモ) 花びらの形状から犬菊芋かな? 藪のようなところで
他の草に負けないで茎を伸ばし咲いていました。


今回は名前がはっきりしないものが多かったですね。
次回も同じ日に同じところで撮った花をアップします。


本日はこれにて。

nice!(52)  コメント(19) 

草むらに踏み込み花を探す(Ⅱ)。 (8月10日) [たちばなの丘公園]

前回に続いてきょうもたちばなの丘公園の草むらで見た花です。
たちばなの丘公園は工場跡地です。あるがままというコンセプトで開かれましたから
特別の設備などはありません。そのためにどこかの山里を歩いているような気分になります。

DSC04924.jpg
匙雁首草(サジガンクビソウ)



DSC_4293.jpg
雁首草(ガンクビソウ)



DSC_4294.jpg
名前はわかりません。大幅にトリミングしています、虫が3匹いたので。
g_gさん、ヤッペママさん ⇒ オトコエシ



DSC_4310.jpg
鵯花(ヒヨドリバナ)


DSC_4316.jpg
靫草(ウツボグサ)の仲間でしょうか。



下の2枚は撮り方が悪かったとみえ名前を調べられませんでした。
(一個だけ教えていただきました)
DSC04914.jpg
DSC_4286.jpg
g_gさん ⇒ ミズタマソウ



DSC_4315.jpg
どんな花が咲くんでしょう。


今朝方は寒くて目が冷めました。バスタオルも掛けていませんでしたが。
7時のベランダは22℃でした。それでも日中は暑いですが、エアコンは必要なしでしたね。
まだ8月です、まだまだ残暑が厳しいでしょう。


きょうは名前のわからない花ばかりでした。


本日はこれにて。

nice!(52)  コメント(23) 

草むらに踏み込み花を探す。 (8月10日) [たちばなの丘公園]

きょうは小雨の降る中、クリニックへ歩いて行きました。蒸し暑く汗をかきました。クリニックの
エアコンは動き始めて時間が経っていなかったのか冷えていませんでした。
思うように汗が引きません、タオルハンカチで一生懸命汗を拭いました。

昼には2時間ほど草取りをしました。曇りで時々霧雨が降りましたので少しは汗を欠かずに
やれるかなと思ったのですが、結局汗まみれでした。やめてすぐに汗まみれの身体で
シャワーを浴びますが、そうするとシャワーが終わっても汗が引きません。
身体のほてりが治まってからシャワーを浴びたほうがいいですね。


きょうは8月10日のたちばなの丘公園です。
谷戸の小さな流れでホタルガ育ちますが、流れに沿った遊歩道を野の花を探して歩きました。
花はないものと思っていたのですが、小さい花ですが思ったよりもありました。

DSC_4271.jpg
ミゾソバの蕾でいいでしょうか。



DSC_4274.jpg
ガガイモ

DSC_4275.jpg
これはわかりません。これは蕾なのか花が開いているのか花後なのか。
コバノカモメヅルににているように思うのですが。

DSC_4283.jpg
毎年ヌスビトハギやフジカンゾウに悩まされます。これはなんでしょう。
サングラスができるとわかりやすいのですが。


DSC_4287.jpg
↑ ↓ ミズヒキ
DSC_4292.jpg


DSC_4281.jpg
キンミズヒキ

昨日の朝はやっと熱帯夜から抜け出したなと感じました。やれやれと思ったのですが。

二十四節気のひとつ、処暑になりました。暑さがおさまるという意味を持っています。
まだまだ日中は厳しい暑さが続くと思います。せめて朝晩だけでも涼しい風がほしいです。

本日はこれにて。

nice!(47)  コメント(18) 

歩けばなにか花が咲いています。  (7月3日) [たちばなの丘公園]

当地はきょうも曇り空で蒸し暑い一日でした。真夏日になり湿度も70~90%。
きょうは朝、ちょこっと青空が見えていましたので8時半頃散歩に出発。

きょう持っていこうと出したカメラを持ったら重いんです。本体と標準ズームで1.4kg。
足腰が衰えました、肩掛けのバッグでは歩けません、リュックサックに入れました。少々重くても
リュックサックは歩くのに楽です。でも困ることがあります。暑くなってくるとリュックは背中が
汗だらけになるんです。きょうは2時間ほど歩いて汗びっしょりになり、帰宅してすぐにシャワーでした。

午後には晴れ上がり、そうそうきのう近所で鳴いているミンミンゼミを聞いたのですが、
今日も鳴きました。いよいよ梅雨明けかな?


きょうは7月3日に「たちばなの丘公園」を歩きましたので、見た花をアップします。

DSC_3846.jpg
これは衝羽根空木(ツクバネウツギ)スイカズラ科 だと思うんですが、この頃まで咲いていたかどうか?


DSC_3853.jpg
シマトネリコ(モクセイ科)  無理やり漢字にすると島十練子。
これは蕾のようです、小さな花が咲くとか。見たことがありません、見えないのかな、わたしには。


DSC_3856.jpg
アガパンサス(ユリ科)
花の色は白とか青ですが、種類はたくさんあるそうです。
そう云われてみると、花の大きさや草丈に違いが見られます。
DSC_3858.jpg


DSC_3861.jpg
赤花夕化粧(アカバナユウゲショウ) アカバナ科

DSC_3864.jpg
檜扇水仙(ヒオウギスイセン) アヤメ科
今悩んでいます。同じような花で檜扇水仙と姫檜扇水仙があります。その違いがよくわかりません。
檜扇水仙はグラジオラスのような花の付き方と云われています。
DSC04678.jpg
姫檜扇水仙は茎の先端に近づくと枝分かれし、それぞれの枝に花が咲く云われます。
よく見るのは枝分かれしていますから姫檜扇水仙ですね。

DSC_3874.jpg
春紫苑(ハルジオン) キク科
どこにでも咲いていて珍しくありませんが、何かが写っていましたのでアップしました。

DSC_3878.jpg
アメリカオニアザミ(キク科)でいいのかな?


きょうの付録
DSC04570.jpg
何という虫かわかりませんが見事な触覚ですのでアップしました。

本日はこれにて。

nice!(46)  コメント(21) 
前の10件 | - たちばなの丘公園 ブログトップ