So-net無料ブログ作成

歳を取る、年を取る、どちらが正しい。  (9月6日) [横浜市こども植物園]

足腰の衰えは一年と云えないです、このところ衰えを痛切に感じるのは歩く速さ。
どんどん追い越されます。悔しいですから必死に歩きますが、どんどん離されます。
そして、カメラが重くて重くて。APS-Cに18-300mmズームをつけても
重さはせいぜい1.4kg。リュックに入れても肩掛けのバックに入れても手に持っても
重いんです。
そんなことから最近はほとんどコンデジで撮っています。軽いですね、腰に
ぶら下げてサッサと歩けます。
ただし、デジイチと比べるといろいろ不満はあります。一番は背景をぼかせない
ということでしょうか。レンズが変えられませんからマクロで撮りたいと思っても
できません。その他、不便なことがたくさんありますが、わたしの写真は
散歩の記録ですから、そう割り切ってコンデジを多用しようと思っています。

ところで上でわたしは「としをとる」を「歳を取る」と書いていますが、皆さんは
「歳を取る」と「年を取る」のどちらを使っていますか。わたしは「歳」が正しい
と思っていたのですが、調べてみるとどちらも正しいんだそうです。
そうだ、皆さんはまだ若いから「年を取った」などとは云わないんですね。




きょうは9月6日の横浜市こども植物園です。

DSC_4574.jpg
8種類の、種籾から育てられた稲が実りつつあります。
DSC_4575.jpg
きょうはその中から目立つ紫色の穂の稲です。
神丹穂(かんにほ)と云います。
観賞用です。紫色の穂はドライフラワーとしても用いられます。
DSC_4578.jpg DSC_4579.jpg
稲穂を見ると花を探します。



DSC_4584.jpg
藪茗荷(ヤブミョウガ)の実。



DSC_4595.jpg
秋落葉松(アキカラマツ)



DSC_4598.jpg
合歓の木(ネムノキ)の実。
今年は梅雨が邪魔をしてきれいな花を見られませんでした、残念!



DSC_4600.jpg
ロサ・ロクスブルギイ(バラ科)  実
原産地:中国(四川省、湖北省、雲南省) 別名:十六夜バラ(イザヨイバラ)
この花を撮った記憶があるんです。ファイルを探しましたが行方不明でした。
歳は取りたくないです。


今夜は月下美人が咲く予定でした。昨夜から雨が降り一日中雨、風も強いと
朝に天気予報が云っていましたのでどうなることかとやきもきしました。
午後から雨がやんだようなやまないような。とにかく咲き始めました。
雨の中での撮影は慌ただしいものになりますので、撮る位置に頭を絞りました。
でも雨は上がり濡れずに撮れますが、蚊の攻撃が凄まじい。
咲いた証明として後日アップします。
当ブログは21:00にアップしますが、最終の撮影は22:00頃になるでしょう。


本日はこれにて。

nice!(48)  コメント(22)