So-net無料ブログ作成

椿 炉開き  (8月24日) [横浜市こども植物園]

きょうで8月もお仕舞いです。梅雨寒だった梅雨が7月下旬に明けた途端に
暑い雨のない毎日が続いたためか、8月が長く感じられました。
あすは9月1日、「防災の日」です。大正12年(1923)9月1日に関東大震災が
起きたことにより制定されました。

震源地は相模湾北部で震源地に近い横浜は東京以上の激震でした。横浜市内の
死者は2万3000人あまりで当時の住民の5.4%でした。東京市は2.8%でしたから
割合で云えば大きく上回ったのです。
全壊した住家は1万6000棟。横浜市内は瓦礫で埋め尽くされたのです。
山手本通りにレンガ造りが倒壊した遺構が残されています。

山下公園はその瓦礫を埋め立てて造られました。今、山下公園のベンチに
腰を下ろして前を見ると、目の前の海は静かです。
しかし、いつ大震災が起こるかわかりません。あすは各地で防災訓練が
行われます。会場に足を運ぶのも意義があろうかと思います。時間が
ない方は防災に思いを馳せてください。 


8月24日の横浜市こども植物園です。

DSC_4423.jpg
椿のひとつ「炉開き」が蕾をつけていました。
DSC_4422.jpg
3年ほど前に植栽された若木で、まだ樹高が50cmにならないと思います。
これでも花が咲きます。が、タイミングが合わず見られませんでした。
今年こそはと思っています。



DSC_4454.jpg
盗人萩(ヌスビトハギ)
これは果実で、豆の莢の種子と種子の間がくびれたもので節果と云います。
わたしはサングラスと云っていますが、これが衣類に着くと取り除くのが大変。
ひっつき虫ですね。
名前の由来のひとつは、忍び足で歩く盗人の足跡にも見えるからというもの。
盗人の足跡はこんなんでしょうか、何を履いているんでしょうね?
DSC_4461.jpg


以下に男郎花(オトコエシ)、女郎花(オミナエシ)を並べます。
DSC_4426.jpg
DSC_4424.jpg
DSC_4430.jpg



DSC_4433.jpg
筋トレあるいは体操の鞍馬をしているように見えたのでパチリ。


暑い8月でした、暑さを理由に散歩に出ることが少なかった、7日しか出ていなかった!
暑さを理由にしていますが、気力体力の衰えです。

本日はこれにて。

nice!(52)  コメント(17) 

稲穂に花が。  (8月11日、17日) [横浜市こども植物園]

当地はきょう4日ぶりに真夏日になりました。曇りや雨で夏日だった日の後の
真夏日は身体に応えます、人の身体は楽な方に直ぐ慣れてしまいます。
しばらくは真夏日が続くようです。

九州の北部はきのう大雨特別警報がでるほどのお雨だったんですね。川が増水し
堤防が決壊して一面冠水したのではなく、そこに降った雨での平地の冠水。想像できない
乱暴な気象が現れるようになりました。恐ろしいです。
亡くなられた方がいらっしゃいます。ご冥福をお祈りいたします。
大変な被害を被られた皆さんにはお見舞い申し上げます。
一日も早く復旧されますように。


きょうは8月中旬の横浜市こども植物園です。

DSC_4348.jpg
正門の花  一年中何かが植えられている。



DSC_4352.jpg
様々な水稲。8品種、種籾から育てた。穂はまだほとんど垂直。
DSC_4351.jpg
花が咲いていた。そう云えば今年は三渓園に竹の花を見に行かなかった。
竹もイネ科ですからこのような花が咲きます。



DSC_4356.jpg
鹿の子百合(カノコユリ)



DSC_4358.jpg
花虎の尾(ハナトラノオ)
どう見ても野の花とは見えません。そうなんです、観賞用として大正時代に
渡来した花で北アメリカが原産地なんですね。


DSC_4364.jpg
現の証拠(ゲンノショウコ)



DSC_4458.jpg
狐の剃刀(キツネノカミソリ)
なんで狐の剃刀? 名前の由来は花ビラの形ではなく芽吹いた直後の葉の形からとのこと。
カミソリはわかったがなんで狐なの?と聞いたら、狸のカミソリもあるよと云われた。
わたしの質問の答えになっていません。
(調べてみると狸のカミソリは別名をリコリス・インカルナタと云うそうですから
この名前でご存じの方がいらっしゃるでしょう)

DSC_4378.jpg
イングリット・バーグマン


きょうのタロウくん
DSC05042.jpg
最近、午後はお母さんのベッドの上で寝ていることが多いです。
きのう28日で病院を替えて丸一年になりました。毎日点滴ですからかわいそうに思います。
腎臓は壊れたところは修復できないそうですから、より悪くならないように
治療しているんです。治るといいんですけど・・・。
寝てばかりいるので、具合が悪いのかと思うんですが、食欲もありますから
しばらくは大丈夫でしょう。


本日はこれにて。

nice!(53)  コメント(23) 

苦し紛れにいろいろ集めて。  (8月11日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

いよいよ夏もお仕舞いです。

と云いますのは、近所の小学校は夏休みがきのうでオシマイになり、きょうから
新学期が始まりました。今は二期制の学校がありますから、新学期とは云わないかも
しれませんね。
子どもたちの生活環境が変わりますから、先生方も子どもたちの言動に
注意を払い神経を使わなければならないでしょう、大変です。


きょうは8月11日の児童遊園地(環境活動支援センター)です。

DSC_4323.jpg
マートル(銀梅花)  残り花



DSC_4326.jpg
錦木(ニシキギ)  紅葉が始まっていました。紅葉の美しさを「錦」に例えて命名。



DSC_4330.jpg
ユリ  いまアチラコチラで白いユリが見られます。
わたしにはどれも同じに見えます。



DSC_4394.jpg
↑ ↑  アップルミント
DSC04931.jpg



DSC_4435.jpg
数珠玉(ジュズダマ)
秋には黒い硬い実になります。中心に花軸が通る穴が開いていて糸を通すことが
できます。数珠を作ったことから数珠玉と名付けられましたが、
今はネックレスやブレスレットを作るとか。
DSC04936.jpg
イネ科らしい花の開き方ですね。

イネ科といえば、きょうこども自然公園(大池公園)に教育水田の稲を見に
行って来ました。7月初旬には草丈が30cmほどでしたが、今日見ると稲穂が
頭を垂れ始めており、雀よけのネットが張られていました。

8月は暑さに負けてかあまり歩いていませんでした。そのため写真が少なくて
苦し紛れに・・・いつものことだけど、なんの意図もなく。
本日はこれにて。

nice!(47)  コメント(20) 

草むらに踏み込み花を探す(Ⅱ)。 (8月10日) [たちばなの丘公園]

前回に続いてきょうもたちばなの丘公園の草むらで見た花です。
たちばなの丘公園は工場跡地です。あるがままというコンセプトで開かれましたから
特別の設備などはありません。そのためにどこかの山里を歩いているような気分になります。

DSC04924.jpg
匙雁首草(サジガンクビソウ)



DSC_4293.jpg
雁首草(ガンクビソウ)



DSC_4294.jpg
名前はわかりません。大幅にトリミングしています、虫が3匹いたので。
g_gさん、ヤッペママさん ⇒ オトコエシ



DSC_4310.jpg
鵯花(ヒヨドリバナ)


DSC_4316.jpg
靫草(ウツボグサ)の仲間でしょうか。



下の2枚は撮り方が悪かったとみえ名前を調べられませんでした。
(一個だけ教えていただきました)
DSC04914.jpg
DSC_4286.jpg
g_gさん ⇒ ミズタマソウ



DSC_4315.jpg
どんな花が咲くんでしょう。


今朝方は寒くて目が冷めました。バスタオルも掛けていませんでしたが。
7時のベランダは22℃でした。それでも日中は暑いですが、エアコンは必要なしでしたね。
まだ8月です、まだまだ残暑が厳しいでしょう。


きょうは名前のわからない花ばかりでした。


本日はこれにて。

nice!(51)  コメント(23) 

草むらに踏み込み花を探す。 (8月10日) [たちばなの丘公園]

きょうは小雨の降る中、クリニックへ歩いて行きました。蒸し暑く汗をかきました。クリニックの
エアコンは動き始めて時間が経っていなかったのか冷えていませんでした。
思うように汗が引きません、タオルハンカチで一生懸命汗を拭いました。

昼には2時間ほど草取りをしました。曇りで時々霧雨が降りましたので少しは汗を欠かずに
やれるかなと思ったのですが、結局汗まみれでした。やめてすぐに汗まみれの身体で
シャワーを浴びますが、そうするとシャワーが終わっても汗が引きません。
身体のほてりが治まってからシャワーを浴びたほうがいいですね。


きょうは8月10日のたちばなの丘公園です。
谷戸の小さな流れでホタルガ育ちますが、流れに沿った遊歩道を野の花を探して歩きました。
花はないものと思っていたのですが、小さい花ですが思ったよりもありました。

DSC_4271.jpg
ミゾソバの蕾でいいでしょうか。



DSC_4274.jpg
ガガイモ

DSC_4275.jpg
これはわかりません。これは蕾なのか花が開いているのか花後なのか。
コバノカモメヅルににているように思うのですが。

DSC_4283.jpg
毎年ヌスビトハギやフジカンゾウに悩まされます。これはなんでしょう。
サングラスができるとわかりやすいのですが。


DSC_4287.jpg
↑ ↓ ミズヒキ
DSC_4292.jpg


DSC_4281.jpg
キンミズヒキ

昨日の朝はやっと熱帯夜から抜け出したなと感じました。やれやれと思ったのですが。

二十四節気のひとつ、処暑になりました。暑さがおさまるという意味を持っています。
まだまだ日中は厳しい暑さが続くと思います。せめて朝晩だけでも涼しい風がほしいです。

本日はこれにて。

nice!(46)  コメント(18) 

わが家の庭のあれこれ。  (8月上旬) [庭の四季]

今朝、起きがけにベランダに出ましたら空気が少しひんやりしていました。秋になるんですね。
この状態なら草取りも散歩もいい感じでできると思っていましたら、お天道さんが出て、
結局暑くなりました。草取りも散歩も中止しました。



つい先日までは朝にTVを付けると高齢者の運転事故が毎日報じられていました。
ところがそれがなくなったと思ったらあおり運転のニュースです。
次々と各地で起きています。
どうしてあおり運転が頻発するんでしょう。

どうして昔の言葉で言えばこう切れやすい人間がいるんでしょう。
いや切れやすいんではなくそういう性格の人間がいるんでしょうね。
最近の日本は恐ろしくて街も歩けないし、車の運転もできません。
いつからそのような性格の人間が増えたんでしょう。増えたとすればなぜでしょう。


きょうはわが家の庭のあれこれです。

DSC04972.JPG
8月17日の月。
この頃、コンデジで撮ることを試みています。デジイチでは老体に鞭打つことになりますので
少しでも軽いカメラを持ち歩きたいと思うわけです。
ズームがどれだけ使えるか、試しに望遠端で撮ったものです。焦点距離が何mmか不明です。

下の朝顔もコンデジです。
DSC04977.jpg
DSC04979.jpg
DSC04989.JPG
行灯仕立てにするつもりでしたが失敗しました。伸びる蔓をそのままにしていたら
梅の木に取り付き花を咲かせています。蔓の先端のためか花が小さくなりました。

コンデジではまあまあ撮れるんですが、ひとつ困ったことがあります。
それは葉っぱの照りをおさえたいと思ってもP-CLがないんですね。代わりの方法が
ないものか模索中です。



DSC04953.jpg
去年の秋にモミジの種(プロペラ)を採ってきて鉢に埋めておきました。
5個埋めたんですが一個だけ芽を出しました。育つことを期待しています。



DSC04994.JPG
タロウくんです。
水が飲みたくなるとここに座り込んでにゃにゃ鳴きます。するとお母さんが水を注ぎます。
ただし、残っている水に継ぎ足しはNGです。お母さんの湯呑でなければなりません。
このペットボトルのレッテルの水しか飲みません、A社はNGです。
この小さな脳を持つ生き物に毎日振り回されています。


本日はこれにて。

nice!(50)  コメント(19) 

咲いている花が少ないです。  (8月2日) [横浜市こども植物園]

8月も下旬を迎えようとしています。日の出が遅くなり、日没が早まったことを
感じとり、吹く風も冷たくなってきたから秋ももうすぐ来ると胸を
なでおろしている方もいらっしゃるでしょう。
片意地張って暑さに向かい合ってきましたが、秋の気配にふと肩の力が
抜けているかもしれません、わたしも肩の力が抜けたのか
夏バテなのか頭も身体もシャキッとしません。
夏バテは秋になってから出るものだと云われますから、
今はまだ時期尚早ですね。単なる疲れでしょう。


きょうは8月2日の横浜市こども植物園です。
夏枯れです、そんな中で花をひとつ見つけると嬉しくなります。

DSC04788.jpg
散歩の途中で見つけたヒマワリ。わたしきれいでしょうと気取っています。



DSC04780.jpg
↑ ↓ ホトトギス
DSC04803.jpg
ピンぼけです。コンデジで片手を伸ばして撮ったらぴんぼけでした。



DSC04804 フシグロセンノウ.jpg
節黒仙翁(フシグロセンノウ)
2株見ただけでした。



DSC04806.jpg
コミスジ かな?



DSC04808.jpg
ムラサキナツフジ(別名:サッコウフジ)
奄美群島以南の暖かい地域に分布する常緑・蔓性(木)。
花穂が下へ垂れないで上向きに咲く。南国の花ですね。


今は草花も夏枯れですが、9月になれば萩が見られるようになります。
鎌倉の萩が見られるお寺さんを探して歩く楽しみが待っています。


本日はこれにて。

nice!(55)  コメント(20) 

姥百合(ウバユリ)  (7月30日) [横浜市こども植物園]

きのうは気温が30℃ちょっとだったようですが、やはり暑かった。きょうは家の中で
少し体を動かしただけで朝から汗が吹き出しました。猛暑日になったのかな。
このところフェーン現象などで40℃を超す地域がありますが、当地は恵まれています。


8月15日前後は新聞やTVは太平洋戦争に関わることを報じています。

いつからでしょうか、アルカイダなどテロ組織と云われるところが自爆行為を戦術に
入れていました。なんと酷いことを命じるものだと思っていたのですが、
振り返ってみると日本の同じようなことをしていましたね。
皆さんも御存知の人間魚雷回天と神風特攻隊です。これらに乗って出撃すれば生きては
帰れません。どんなことを考えながら出撃したんでしょうね。
わたしはいい加減歳をとっていますが、恥ずかしながら知りませんでした。
「神風」は正式には「カミカゼ」ではなく「しんぷう」なんですね。


きょうは7月30日の横浜市こども植物園です。

DSC_4229.jpg
姥百合(ウバユリ)  ここには群生しているんですが、奥の方は見にくいです。
(クリックすると大きな画像になり、ウバユリがもう少し見られます)



DSC_4135.jpg
7月24日の開花する前の状態です。



DSC_4232.jpg
DSC_4233.jpg
ウバユリははじめに葉を出して花茎をの罰しますが、花が咲く頃には葉がない、
歯がないから姥(おばあさん)が花の名前に付いていると云われます。
今はそうではないですが、昔のおばあさんには歯がなかったんでしょう。
しかし、上の画像を見てください、花が咲いても葉があります。



DSC_4245.jpg
メンデルのぶどう。袋で包まれて実が見えません。
DSC_4246.jpg



DSC_4247.jpg
ゴッホのヒマワリ
ゴッホが南フランスのアルルで描いたヒマワリの種子を、ゴッホの絵とゆかりのある
芦屋市文化協議会がフランス在住の画家を通じて国内に取り寄せたもの。
こども植物園では1988年から栽培している。

ここの植物園には他にニュートンのリンゴの木とウイリアム・テルのリンゴの木が
あります。植物園などとの横のつながりで手に入るようです。
こういう草木があるというのはこども植物園らしくていいですね。


DSC_4242.jpg
おまけ:オミナエシに蝶。


本日はこれにて。

nice!(53)  コメント(22) 

敗戦記念日に毎年すること。  (8月11日) [生きる]

きょう8月15日は終戦記念日です(わたしは敗戦記念日だと思っています)。
毎年おおよそ8月15日に訪れている「英連邦戦死者墓地」を、15日の予定などを
考えて11日に訪れました。


英連邦戦死者墓地はわたしがいつも行っている児童遊園地に隣接しています。
元々は児童遊園地だったところを接収しているのです。3haあります。
その中に「イギリス区」「オーストラリア区」「インド・パキスタン区」
「カナダ・ニュージーランド区」その他の計5区にそれぞれ第二次世界
中に日本軍の捕虜として日本で命を落とした1,555人が葬られています。


わたしがここを訪れて黙祷するのは、ここに埋葬されている戦死者だけでなく
外地で戦死した日本兵や国内で爆撃などで命を落とされた人々にも
思いを寄せているからです。


わたしは昭和16(1941)年に生まれています。そうです、真珠湾攻撃の
あった年です。戦時中は田舎暮らしでしたから爆撃などから逃げ惑う
こともありませんでした。ほとんど戦争というものを知らないのです。
生まれてから戦争が始まり、敗戦を迎えましたが、それ以来70年あまり日本は戦争を
しませんでした。わたしは幸せな時代に生きてきました。
日本は戦争をしない国と云ってきました。しかしいま日本は戦争が
できる国になろうとしています。70年も戦争をしなかったのですから
どうすれば戦争をしなくていいのかノウハウを持っているでしょう。
そのノウハウを世界に広めて戦争のない地球にできないものか・・・
整然と並ぶ墓石を見ながら今年もそんなことを考えたのでした。
夏の夜の夢あるいは夢想と笑われますね。 


DSC_4332.jpg
英連邦戦死者墓地 正門


DSC_4337.jpg
墓地への門  門を入ってすぐの区画はイギリス区。
DSC_4337 2.jpg


DSC_4338.jpg
イギリス区には1013基の墓石が並んでいます。


今年はオーストリア区をアップします。
DSC_4339.jpg


DSC_4340.jpg
オーストラリア区には278基の墓石が並んでいます。中央から。
DSC_4341.jpg
右端から。
DSC_4344 2.jpg
墓石には名前や出身地、所属部隊や死亡した日、年齢などが刻まれている。
1945年9月6日死亡、23歳。
そして家族の死者への思いが・・・。
5cmはあろうかと思われるフカフカの芝に囲まれ花に囲まれて大事に弔われていますが
本人はどんなことを思っているでしょう。
人と人が殺し合う戦争は絶対に無くならないと思います、戦争をする理由を探し歩いている
人間がいなくならない限り。
太平洋戦争で戦死された霊も13日に馬に乗って帰ってきましたが、あす16日はゆっくりと歩く
牛に乗って帰られます。ご家族と心置きなく短い滞在を楽しんだことでしょう。
310万人の戦没者に平和な時代を幸せに生きてきたわたしはどう向き合えばいいのでしょう。


本日はこれにて。


コメント欄は閉じさせていただきます。

nice!(54) 

イタリアニンジンボク  (7月24日) [児童遊園地(環境活動支援センター)]

台風10号の影響でしょうか朝には雨が降り、一日雨かなと思っていたのですが、
10時頃にはお天道さんが出てしまいました。しかし、きょうお墓参りを予定
されていた皆さんには雨よりもいいですね、暑くても。
と思っていましたら、昼過ぎには黒雲が空いっぱい広がり、そしてまた青空。
忙しい一日でした。

きょうは盆の入りですね。ご先祖様の霊が帰ってくる日です。ご先祖様を
お迎えしておもてなしをします。そのために高速道路が渋滞しようが新幹線が
満員だろうが、故郷に向かう人が多いんですね。
お盆の風習は地方によって異なります。子供の頃のお盆を思い出しますが、
お正月とともに一大イベントでした。いずれにしてもその心はご先祖様を
偲び自分が今あることへの感謝でしょう。今年もわたしは墓参りに故郷へは
帰りませんが、形にはこだわらず静かに手を合わせます。


きょうは7月24日の児童遊園地(環境活動支援センター)です。


DSC_4120 2.jpg
イタリアニンジンボク(西洋人参木)
爽やかなすみれ色の花を咲かせる落葉低木です。原産は南ヨーロッパから中央アジア。
木ですがシソ科で、ハーブに分類されます。シロバナもあります。
一般には西洋人参木と云われますが、イタリア好きのわたしはあえて「イタリア人参木」。



DSC_4122.jpg
百日紅(サルスベリ)



DSC04670.jpg
昼顔だと思います、形も色も色々あるようです。



DSC04677.jpg
浜木綿(ハマユウ)
ここにあるグループはそろそろ萎むところでした。ハマユウというと
女優の浜木綿子さんを思い出します。この花の形と浜木綿子さんの顔が似ていると
勝手ながら思うのです。



DSC_4127.jpg
この向日葵を見るまでこの夏にヒマワリを見ていませんでした。
上もそうでしたが空が飛んでいます。少しは青空が見えたのでしたが。


昨日の朝も少し雨が降り今朝も降りました。庭木も少しはやれやれと思っているでしょう。
わたしには鉢への水遣りが手抜きでき大助かりです。


本日はこれにて。

nice!(53)  コメント(21)